0年 0月 の投稿一覧

生物としての強さ

差はいろいろとあると思うけど決定的となるとタイトルに書いた「生物としての強さ」だと思います。 どれだけ知能が優れていようがいい家に生まれたとしても生きることへの強さを持っていないとなかなかお金を稼ぐことは難しいと思います。生まれつきの強さ、生きることへの才能のようなものを持っている人たちがお金を稼げているんじゃないかと思います。で、自分と比べてみるとお金の見え方もきっとちがうんだろうなと想像するしかないですね。

支払った分は分けておくこと!

私は基本的にクレジットカードを使用して生活しています。何故なら同じお金を使うでも、プラスで利益が出るからです。例えば車を購入した際に作成したクレジットカード。使用すると次回の車検でポイント分安く受けられます。なので高額な買い物をする際はこちらのカードを利用します。食品など日用のものを購入する際は、そのスーパーのカードを使用します。西友なら決済の際に割り引かれますし、WAONカードならポイントを貯めれば買い物の際に利用できるので、現金で購入するだけよりも節約になります。ただしここにはルールがあり、けっしてリボ払いや分割にしない事です。そのようなシステムを利用すると手数料がとられるからです。カード払いをしたらその分使ったという事で、現金を支払済ボックスや封筒に取り分けておき、手元には未使用分のお金が残るようにして、所持金を把握できるようにしておくことです。

給料日の行動

ワクワクする給料日。まず最初に記帳をして、いくら入ったかを確認します。そして、いくら差し引かれているかを確認し、いざ行動です。まず我慢していたビールを買い、家で一人で乾杯します。そして、通帳の残高を見て、現実に戻ります。やはりローンなどの支払があるので、残るのは半分以下。また保険関係でも差し引かれて、残高は給料日にも関わらず残りが少ない状況です。それにもめげずに働く毎日が続きます。毎月こんな給料日を過ごしています。スピードキャッシングで借りて毎月の返済もしないといけないので、結構大変なんですよね。。

清貧

ひと口で金持ちと言っても様々な価値観があって、一概に言えないとと思います。この頃思うのはお金がいっぱいあるから幸せなのかお金がないけど幸せなのかという事です。お金がいっぱいあっても健康でなければそれは無意味なものだし、お金は無いけれど家族皆んなが優しく寄り添って笑いあっている生活が幸せかもしれません。その人にとって何が幸せで不幸せかと言うのはそれぞれの価値観によって決められない事だと思います。因みに私は極貧ですが子供や親に恵まれ毎日頑張って暮らしています。これは清貧と言っても良いのではないかと思っています。

クレジットカードをフル活用する!

借りられるなら借りたいですが。我が家はクレジットカードで払えるものは出来るだけカード支払いにするようになりました。日常のお買い物を対象のスーパーにしぼってカード払いにすることで常に3%割引の恩恵を受けています。これで我が家は月に1000円くらい、年間12000円くらいの割引になっています。また、公共料金の引き落としをクレジットカードにするようにしました。現在住んでいる家では電気ガス水道合わせて月々15000円前後で、150円分のポイントになります。ひと月でみると微々たるものですが、年間にすると2000円くらいの節約になっています。